全国の樹木葬霊園

樹木葬の基礎知識

新着情報・レポート

気になる話題

ご質問・ご相談

樹木葬の種類

樹木葬は大きく2つに分けられます。
1つは里山型樹木葬、もう1つは公園型樹木葬(もしくはシンボルツリー型樹木葬)です。

里山型樹木葬は自然にもっとも近い形で、人が使いやすいよう手を入れてきた森林で、自然を育てながらそこに埋葬するという方法です。 広い土地が必要となりますが、自然に帰れるという意味で根強い人気を誇っています。日本初の樹木葬も里山型でした。

一方、公園型は1人1本の植林などを行わず、墓地内のシンボルツリーなどの周囲に共同や個別で埋葬を行う方法です。
あまり広い土地を確保することが難しい都市部で多く取り入れられています。
桜をシンボルツリーとする「桜葬」が人気を集めていますが、他にもバラに囲まれた樹木葬、スミレやモミジ、アジサイなどに囲まれた樹木葬などもあり、各寺院や霊園で工夫を凝らしたシンボルが見受けられます。

また、近年ペットと一緒の霊園に埋葬して欲しいという希望も増え、霊園内にペット霊園を併設しているところもあります。

人気の桜葬とは

桜葬は桜の木をシンボルツリーとした公園型の樹木葬のうちの1種で、近年大変な人気を集めています。
桜の木を中心に埋葬されるもので、日本人ならではの桜への愛着と、桜の木はとても大きくなり寿命も長いことが人気の理由です。
毎年春には綺麗な花を咲かせ、その都度、親族が集まって供養を行ったり、寺院で合同供養を行ったりしています。

全国の樹木葬霊園

樹木葬の基礎知識

新着情報・レポート

気になる話題

ご質問・ご相談